『自分ビジネス(Part1)』動画②「確定申告(税金計算)」の概要&感想

こちらの記事では、『自分ビジネス オンライン講座』(以降「自分ビジネス(Part1)」)の動画②「確定申告(税金計算)」の概要と私の感想を記載しています。

これから観る方、購入を検討されている方の参考になりましたら幸いです。

☆関連記事☆

『自分ビジネス(Part1)』動画①「お会計講座」の概要&感想

2019年12月11日

『自分ビジネス』講座情報まとめ(動画数・概要・時間・料金など)

2019年12月2日

『自分ビジネス』とは?やり方や講座内容・受講方法まとめ

2019年11月27日

『自分ビジネス(Part1)』動画②「確定申告(税金計算)」概要

はじめに

この動画は、『自分ビジネス(Part1)』の2本目の動画です。
「自分ビジネス」開業後、経費にはどのような項目があるのか、青色申告や控除にどのような種類があるか?を解説されています。

ゲスト講師

有竹聡税理士事務所 有竹 志帆さん

動画時間

1時間43分58秒

概要

・経費にはどのような区分けや項目があるのか
・仕事とプライベートを分けることに意味はある?
・「自分ビジネス」=「命の経営」
・領収書が温かい!???
・減価償却とは?
・「自分ビジネス」のメリット
・8:2理論と「自分ビジネス」
・控除の種類と内容
・日々やることと確定申告時にやること

『自分ビジネス(Part1)』動画②「確定申告(税金計算)」の感想

『自分ビジネス(Part1)』2本目の講座は「確定申告(税金計算)」について。
「税金計算」と題していますが、税金の計算は一瞬で、「経費に何が含まれるのか?」「控除の種類」「八木さやイズム」がメインの内容になっています。
*控除は国が項目に該当するお金を一部負担してくれるものだと思ってください*

今回は「毎日が生理中」や「処女膜を破れ!」など、女性ならでわのワードが飛び出してきたので、男性の方は観ていてちょっと「ハズイ・・・」となるかもしれません。
が、マジメなお話なので安心して下さい。

現在日本にある一般的な企業では、「売上」を増やすために「経費」を削ることがメインになっています。
が、「八木さやイズム」では、「生活=経費」ととらえており、生活費の9割が経費だそうです。
すごいですね!

講座の中で、「税金={(売上-経費)-控除}×税率」と言う式が出てくるのですが、確かに「経費」が増えれば払う税金は少なくなりますよね・・・・

例)
売上100万円、経費10万円、控除38万円、税率5%の場合、税金は2万6千円。
売上100万円、経費50万円、控除38万円、税率5%の場合、税金は6千円。

通常の企業であれば、経費を増やすと売上も減るので避けたいところですが、自分を広告塔にする「自分ビジネス」であれば、経費が増えると自分が潤う。と言うことになりますね。
(勉強のためのセミナーや動画配信のための衣装も経費になるそうです。)

さて、現在ご主人の扶養に入っている奥様は、開業すると税金や健康保険がどうなるのか?気になっているのではないでしょうか?
私も、何を売るか決まっていない現状で開業して扶養を外れても健康保険や住民税が払えない!と心配になっております・・・・

講座のお話の中では、「社会保険料控除」と言うものがあるため、扶養を抜けて社会保険に入った場合は、確定申告時に控除が受けられるそうです。
住民税については、ちょっと調べた収入に応じて非課税になることがあるため、「自分ビジネス」を始めた最初の頃は住民税もかからない可能性があります。

ただ、上記につきましては正確ではないため、調べてまた追記しますね。
(よろしければ皆さんもご自身で調べてみて下さい。)

2本目の講座は「確定申告(税金計算)」と言う内容で、「租税」や「減価償却」「控除」などなど、聞きなれない言葉が多く、正直ウっとなりましたが、今回も楽しく・わかりやすく説明して下さったのでかなり理解ができました。

経費の項目は、どんなものが経費にできるか、かなりワクワクしました。
八木さやイズムすごい!!!

最後に、どれだけお金を使わないか、どれだけ税金を払わないかに焦点を当てることが多い昨今ですが、「自分ビジネス」では、「いっぱい稼いで、いっぱい払おう(経費も税金も)、それが社会貢献」と言う考えが根底にあります。

八木さやイズムを聞いて、「いっぱい税金を納めるぞ!!!」
とまた改めて気合いが入りました。
(何を売るか決まっていないけど・・・(笑))

『自分ビジネス(Part1)』動画②「確定申告(税金計算)」の概要&感想は以上になります。
最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です