☆まとめNote☆ その②【自分ビジネス】商品づくり&商品販売セミナー

こちらの記事は、2020年4月4日(土)にLINE LIVEで配信された「その②【自分ビジネス】商品づくり&商品販売セミナー」のまとめNoteです。

予習・復習にお役立て下さい♪

Contents

動画情報

※「LINE LIVE」も「Yotube」も内容は同じです。

※ この記事のタイムスタンプは「LINE LIVE」のものを記載しています。(少しズレてるみたいです)

LINE LIVE


引用:八木さや「億女チャンネル」

タイトル:その②【自分ビジネス】商品づくり&商品販売セミナー

チャンネル:八木さや「億女チャンネル」

公開日:2020年4月4日(土)

再生時間:56分55秒

Youtube


引用:Yagisaya TV

タイトル:【自分ビジネス】売れるブログ告知【無料セミナー】

チャンネル:Yagisaya TV

公開日:2020年4月7日(火)

再生時間:56分44秒

まとめNote

今回の動画について (00:45)

「自分ビジネス」の商品販売のLINE LIVEセミナーをします。

前回①をやったので、今回は②です。

> 前回①はこちら

「月の器」の隣の物置部屋をリフォーム中! (01:00)

壱岐島の小さな工務店さんに頼んだらいい感じにしてくれている♪

詳しくは八木さやちゃんのブログ(こちら)にも書かれています。

今回の動画の内容 (08:00)

前回は「商品の作り方」。

「自分の純粋なエネルギー」を商品に宿すには、どういう商品の作り方をすればいいのか?

自分の分身の商品がどうやったら独り歩きしてくれるくらいの生命力を宿すことができるのか?

と言うお話をしました。

 

今日は「薬事法」「スピリチュアル宣伝のメリット・デメリット」「オーダーメイド発注」についてのお話をしていきたいと思います。

薬事法について (09:20)

セッションやサービスを販売する方には関係ないと思いますが、関係ある方もいらっしゃるので良かったら聞いてください。

 

「薬事法」

〇〇に効く!

体の(部位を使って)の効果効能を書くのはNG!

例えば)

× 発汗効果があります
× 鼻詰まりに効きます

我々一般人は「薬事法」で禁止されている。(= 法律を犯すことになる)

でも、自分の実体験ならOK!

例えば)

イシュタリアのクレンジングソープ、ほんとは顔洗うものですが、歯磨きに使ってみたら「歯が白くなった気がする」「虫歯が薄くなった気がする」

⇒ 私の体験。それは、OK!

 

でも売る時に

「発汗作用があります」無し

「鼻詰まりに効きます」無し

「やけどに効きます」無し

 

セッションや講座を売る時に、「どんな人に受けて欲しいか」を書く時に、「これを受けたらあんな効果があります。」「あんな効果があります。」(効果・効能を)講座の宣伝の時ですら使うでしょ?

そうすると、効果・効能に目が行っちゃって、発信者の事を見なくなる。

講師のことを見てもらえなくなる。

 

そうすると、何が起きるか?

「クレーム」

変わらなかったんですけど!

そりゃそうだ、発信する側が悪い。

 

「何とかに効きます」とか
「お金持ちになります」とか

いらんのよ、そう言うことは。

 

一般的なビジネス講座では「そういうこと(効果・効能)を書いてください。」と言われるけど、書かなくていいです。(実は)

 

じゃあ、どうしたらいいか?

⇒ スピリチュアル宣伝メリット

感覚勝負!

スピリチュアル宣伝メリット (12:00)

例えば、アロマソルト作った時に

「この香をかいだらあっちの世界に行っちゃいます!」

は「薬事法」ではないよね。

 

「あっちの世界に行っちゃう」ってどういうこと!?(笑)

これがスピリチュアル的宣伝。

「スピリチュアル宣伝メリット」は「薬事法」に引っかからない。

 

ただし、めちゃくちゃ感覚なので、自分の体感を言語化できる能力が無いと伝わりづらい。

スピリチュアル宣伝のデメリット (12:55)

「鈍感な人には伝わりづらい。」

 

ただし、鈍感な人が体感覚を言語化しようとしてもできない。

結果的に鈍感な人が発信すると、鈍感な人にも伝わらない。と言うこと。

「薬事法」に関わる・関わらないに関係なく、動画やセミナー、セッションを販売する時にもこれをやって欲しい。

 

「この講座を受けたらあっちの世界に行っちゃいます♪」

「この講座を受けて一緒にあっちの世界に行っちゃいましょう♪」

面白いでしょ?

スピリチュアル宣伝の例 (13:45)

「自分の感覚が鋭くなって、違和感をキャッチしやすくなります。

その結果、こういう風に、こういう風になります。」

だったら良い。

自分の感覚にめっちゃ集中して、実体験を書いていることになるから。

他人目線でなく、自分目線の宣伝ができる。

 

実際、そういう風にできている人はあんまり多くない。

それができると、そりゃ売れる。

八木さやちゃんの場合 (14:20)

宣伝を書く時はものすごく自分に集中して、自分のストーリーを感覚的に書いていく。

ドラマや映画と一緒。

「いかに他人を引き寄せるか?」は「いかに自分から引き出せるか。」になってくる。(宣伝の時)

【質問】自分の感覚を出した分、寄ってくるのか? (15:35)

「自分の感覚を引き出す」=「自分の感覚に自分が寄り添った」こと

= 現実世界で他人も「私」に寄り添ってくれる。と言うこと。

 

ここは「他力本願」ではなく「自力」の部分。

「自分」でいかに「自分に寄り添えたか」が、現実世界の「結果」に反映する。

 

ブログを書く時(宣伝でも普通に書く時でも)、いかに他人に見られているかを、ずーーーーっと他人目線で書いている人がいる。

逆に良くできるな。と思う。

自分の感覚に寄り添っていて、たまに他人目線になるならわかるけど、最初から最後まで他人目線の人がいる。

完全にマヒってる。

[コメント] 前回のLIVE見てその通りに書いたら早速売れました (16:55)

嬉しいね♪

イイですね、あれは溶けない魔法なので、ずっと使っていける方法かな。と思っています。

オーダーメイドのお話 (17:05)

基本的にオーダーメイドは禁止。

OKなオーダーメイドは

例えば「億女の鑑定書」。

1人1人を見て書くから、ある意味オーダーメイドだけど、オーダーメイド感は出ていない。

あと、書道家のまゆみさんが以前、「八木さや大臣」と書いたお札を作ってくれた。

名前が書かれたお札。これもオーダーメイド感ないよね。

 

「絵を書きます。何でも言ってください。」

「全てを相手に任せた」「言うことを聞いたから私にお金を下さい。」と言うエネルギー感のオーダーメイドは辞めた方が良い。

個別に何かやりたいなら、「億女の鑑定書」や「自分自神お札」みたいな、名入れします。

[コメント] SNSのアカウントからイメージして勝手に書こうかと。

そう!
それは、1人1人には送るけどオーダーメイドではないよね。あくまでも「能動的」な販売態度。

[コメント] 広告マンガ書いてたけど、辛くなりました。

それは、オーダーメイドだよね。

基本、漫画家さんやイラストレーターさんは企業から依頼で書くのでオーダーメイド。

自営業やってても、お客さんからの依頼で仕事するなら会社員と変わらない。

それじゃ企業した意味が無い。

人間関係が楽になるけど、「自分ビジネス」は自分で仕事を産み出していくことにポイントがある。

「やりたいことを仕事にする。」

「これやるけど、どう?」みたいなね。OK?

【質問】同じ商品でもう一度ブログを書く時の事を聞きたい (20:40)

それたぶん、貧乏マインドだと思うんですよ。

私も経験あるけど、前に書いた宣伝記事なんかほぼ意味がない。(無価値)

毎回、新しく書くことがミソ。

自分からは無限にアイデアや文章が出てくるので、書こうと思ったら書けるはず。

毎回、毎回新しいことを書く。

前に書いた告知記事には価値が無い。(と私は思っている)

【質問】霊視結果をアートで書くのですが、自分の世界観で相手を引き込んで細かい要望を聞かずに書く感じなんだけど、大丈夫かな? (21:55)

OKです。OKです。

相手(お客さん)をこっちに引き込んでるからね。

で、その商品をお客さんが欲しいわけでしょ?

OK、OK

【質問】自分が作りたい製品があって、その製作過程の一部を依頼するのはオーダーメイド? (22:50)

逆の立場ですね。

それは、いちおうオーダーメイドになるんですけど、頼む先って別に「自分ビジネス」やってるわけじゃないじゃないですか。

「自分ビジネス」やってる=顔も名前も全部出しちゃってる人のこと。

ただし、それを選ばないなら、それはオーダーメイドではない。

オーダーメイドを受けないと仕事にならないじゃないですか。

ただ、まだ「自分ビジネス」初心者です。と言う方であれば、練習のために、「やりたいことでお金が入ってくる。」と言う経験を得るために、(オーダーメイド)やってもいい。

グラフィックデザイナーのわしずあゆみさんの講座がバッチリ! (13:50)

受注するのではなく、自分でバナーとかを作れるような講座を販売していた。

それもう、バッチリ!

スマホのデザインアプリは充実していて、自分で簡単に作れる。

八木さやちゃんも最近、ブログの後方に「「Facebook」や「インスタ」「ラインライブ」はこちら。」リンクを貼ろうとずーーーーっと思ってたけど、デザイナーさんに依頼するのがめんどくさくて(サイズとか、写真とか)1年以上やってなかった。

ある時ふと、自分でやってみようと思ったら、自分でできた。

「インスタグラム」とかフォントよくよく見たら「インスタグラム」のフォントっぽい、フォントを使っただけで簡単だった。(入力しただけでそれっぽくなった)

あー言うのやった方がいいよ。

スマホで見ようと、パソコンで見ようと、ブログ全体が華やかになるので。

私(八木さやちゃん)はやりすぎだけどね。(圧力強すぎ(笑))

どうせ見慣れるし、まぁ、いいや。と思って。

[コメント] やりたくない仕事の内容をすすめられて張り倒してやろうかと思った (26:20)

失礼だよねぇ~

【質問】バナーはスマホのアプリでできますか? (26:30)

バナー自体はスマホのアプリでできます。

ただ、ブログに画像を貼って、画像をクリックすると「Facebook」や「インスタ」に飛ぶリンクを貼るのがパソコンじゃないとできない。(めっちゃプロならスマホでもできます(HTML操作))

【質問】タロットで悩み相談はされたくないから一方的に占いたい (27:20)

そうして下さい。

この前の「億女の電話コンサル」はそうでした。

始まるまえにブログでも一報したけど、コミュニケーションを取るものでははいので、私(八木さやちゃん)が一方的に伝えます。とお話して電話鑑定始めました。

その結果、あんまりプライベートな話を、ただしゃべりたいだけの人はいなかったです。

「八木さやちゃんとはあんまりコミュニケーション取れないんだ。」と思ってくれたので、皆取れたと思います。(笑)意外と。

[コメント] パソコンやっぱり必要ですね (28:20)

パソコンだけじゃなくて、ビジネスをスムーズにやりたかったら、プリンターやソフトなど、ツールはどんどん増えていく。

基本、スマホだけでもできる。

[コメント] わしずあゆみさんの「バナー講座」早速申し込んでみました (28:40)

イイね!

イイと思う、あれ。

わしずあゆみさんの商品の出し方もバッチリだと思うし、それぞれ1人がデザイナーと思う。

デザインセンスとビジネスセンス(生きるセンス)は同じところから発生している。

自分の思い通りにやってみたらいいと思う。簡単だから。

パソコンは最初から必要? (29:15)

最初から必要なものではないですけど、「パソコンは無くてもいいやぁ~」とかってふんぞり返らないでね。と言うこと。

「買えるようになったら買おう。」と思っておいて欲しい。

[コメント] 伝えるのが商品なら、聞かなくても良いのか?すごく楽しそう (29:45)

そうだよ、基本そう!

皆、勘違いしてるんだけど、やっぱり「お金をもらう」=「もらう側が苦労しなきゃいけない」と思ってるから人の話聞いちゃう。

そうやって、お客さんを悪者にする。

違う!自分のブロックなんだって。

「何もしないで、ただただしゃべりまくってお金をもらってはいけない」と言う「自分ブロック」。

一方的にお伝えします。と言う商品なので、聞かなくていい。

「うん」とか「はい」のやり取りだけでいい。

わしずあゆみさん降臨! (30:35)

あの講座は天才だと思いました!

デザイナーさんとか、イラストレーターさんはどういう風に「自分ビジネス」をやっていったらいいのか?

すごく代表的な商品の打ち出し方だったと思います。

[コメント] わしずあゆみさんの講座、めちゃくちゃわかりやすかったです。

今「5000円」でしたっけ?安いうちに受けた方が良いよ♪(笑)

 

「自分ビジネス」開示してくれる方々 (31:20)

歌い手さんはどう言う風に打ち出していったらいいのか?を「つだゆきこさん」がやってくれて。

デザイナーさん、イラストレーターさんはどうしたらいいのか?を「わしずあゆみさん」が開示してくれて。

(べっぷ)ゆみこさんみたいに何も取柄もない人はどうやって「自分ビジネス」をしてったらいいのか?をゆみこさんが体現してくれているので、

もうそろそろ言い訳できる人が少なくなってきたのかな?と思ってますよ。

[コメント] 設備投資は大事だよね (32:00)

設備投資は絶対大事!

「借金してまで。」とは言わないけど、できる限り頑張ってほしい。

絶対「自分のエネルギー」に繋がるから。

「設備に投資をする」=「向上しようとする。」と言うこと。

自分の魂も大きくなろうとしている。なので、自分の中の神様も同乗(同調?)する。

事業も結局うまくいって、払えるし、もっともっとお金をかけれるようになる。

このループ(道・レール)に一回はまったら抜け出せませんから。

一度はまったら抜け出せないループ (32:50)

この前、ある方がそこそこ(7ケタ)稼いだので、「もうお金はいいかな?休もうかな?」と思った矢先に車をぶつけて廃車にしたそうです。(笑)

そう言うことだよ。

「何を辞めるって?辞めさせるわけねーだろ。ほんとは新しい車欲しいくせに!」と言う感じです(笑)

「自分ビジネス」に終わりはない (33:25)

優しくも、力強く、そうやって教えてくれるので、「欲しいものを手に入れる。」って決めて始めたんだから、最後まで・死ぬまでやれよ!と言うことです。

終わりはないです。

怖いのは最初だけ (33:35)

ただ、だんだんパターンがわかってくるので、最初は怖いけど、「大丈夫だろうな。」と思えるようになってくる。

麻痺。

それもいい意味での麻痺。

お金持ってないのに「やろ!」みたいな

「覚悟を決める」と「決めごとを決める」 (33:55)

これすごい大事なコト!

この前、おもしろい人がいました。

「決める」は「覚悟を決める」と言うことなんですけど、話していたら

「そうですよね、そろそろ決めないといけないですよね」「決めないといけないですよね」って言ってたんですよ。

話聞いてたら、どうやらその方は建物を建てたいらしく、その「決める」は寸法とか窓をどこに付けるとか、どういう壁紙にするとか、そういうのを決めなければいけないと思っていた。

それは違うよ。

それは、工務店さんがやってくれること。

だから、その人がやらなきゃいけなかった「決める」は「建てるって決めた」から工務店さんに行かなきゃいけなかった。

そこを遠回りしたいがために、寸法とか窓とかドアとか、こういう風なのがいいとか、そっちの方じゃないよ・・・

 

びっくりした。

で、それをスタッフのエリさんに言ったら、「やばい、痛い、わかる~」とかって言ってたんですよ(笑)

「マジで?これわかるの?」みたいな。

 

決め方間違ってるんですけど。

スゴイ勘違いだなぁ。と思って。

 

頭の「決める」だよね。(=決めごと(ルール・制限))を決める)

覚悟の方では絶対ないよね。

決めたくないがためにそういう風に遠回りするんだなぁって。

[コメント] 具体的なビジョン持たないと・・・みたいなスピリチュアルの叶えるイメージから来てる考え方なのかな? (36:05)

それはスピリチュアル?自己啓発じゃない?

目標のところでしょ?「明確な目標を持ちなさい」みたいな。

持ったことねぇわ!

抽象的なイメージの重要性 (36:40)

前回のLINE LIVEでも言ったけど、イメージって抽象的なイメージが大事。

いかに抽象的か要だよ。と言うお話をしました。

具体的じゃない方が良いです。

「具体的に決めなければいけない」は一般常識に入りますね、それじゃ。

具体的に決めたことないです。

それこそお花畑ですよ。

だってそれって「そうやらなければいけない」「具体的に細かいところまで詰めなければいけない」と言う恐怖でしょ?

八木さやちゃんは何億規模のプロジェクトをお金が無いところから進めてます。

もう慣れちゃった。周りもどんどん慣れてきた。

値引きとかそういうのはいらないので、ぼったくられてもいいから、いつまでにいくら必要なのかだけ教えてくれ!って言って(笑)

(38:15)

抽象度は感情ではなくイメージ(=頭)

頭こそ、一般常識にまみれている人はぎゅーーーーっとなってるから、「具体的に決めなきゃいけないんだ!」って言う恐怖感で自分を抑え込んでいる。

何か考えてから行動しなければいけないんだって言う考えで自分の全部の細胞を覆ちゃってる。

 

頭こそ柔らかく。

八木さやちゃんは何にも頭の中で決めてないうちにハラだけ決める。みたいな。

そんなこと、この世の中では御法度。絶対してはいけないことになっている。

安全確認できてから前に進みましょう。と言う教えじゃん?

[コメント] イメージははっきりですか? (39:35)

だから、抽象的にだってば!何回も聞くなって!

こんだけ何回も聞かれるくらい、頭の中では「具体的に決めないと」と言う考えにまみれている。

そんな狭いところで生きてられるね?

[コメント] 具体的にイメージして叶ったことないよ? (40:20)

でしょ?叶ったことないでしょ?

だから、前回のLINE LIVE(商品づくりワークショップ)見て!

抽象度が大事ですよ~と言のがすごく、もう「メイン」です。

ノートに書いて夢が叶う人と叶わない人の違い (40:50)

(夢を叶える系の)ノートに書いて叶う人と叶わない人がいると思う。

八木さやちゃんはノートを全く使わない。

最近勉強したいことができたので10年ぶりにノートを準備した。

 

たぶん、ノートに書いて叶う人と叶わない人の違いって頭の中に「具体的に書かなきゃいけない」と言う制限付きで書いている人が叶っていない。

叶っている人はたぶん、よだれ沙汰で書いている。

文字を見てないくらい、あっちの世界に行ってる。

その違い。

わかる?この「抽象度の高い書き方」と「具体的に書かなきゃいけない。と言う優等生的な書き方」。

 

私(八木さやちゃん)ね、よだれ垂らしならがら書くなら、よだれ垂らしながら妄想してるだけで叶うと思うんですよ。

だからノートいらない。

[コメント] ノートに書くときよだれ出せないのよ

(笑)

 

[コメント] ハピちゃんらへんはノート派よね。

想像してみたら、ハッピーちゃんもよだれ垂らしながらノート書いていると思うんだよね。

私(八木さやちゃん)は妄想はブログに書くか、頭の中で1人で納めてる。で、気分良くなるじゃん?

「もう、こんな感じ~♪」みたいな。

意外と、人々はそういうことを自分にしてもいい。と言うことすら自分に許してない。

「はぁ、現実見なきゃ、現実見なきゃ」みたいになっちゃうんです。自然と。

 

[コメント] ハピちゃんは、よだれ垂れてると思う。

でしょ?

だってもう、普通に会ってもよだれ出てそうだもん!(出てないけど!(笑))

幸せなよだれ出てる感じだもん!可愛いよね!

見てるだけでこっちがハッピーだもん!

だから、彼女は「ハッピーちゃん」と言う名前を授かったんだと思いますよ♪

 

具体的な目標はいらない。必要ないと思う。

【質問】ブログもよだれ? (44:10)

ブログもよだれです。

ただ、ブログの場合、八木さやちゃんの主軸はどこにあるか、と言うと

1日、自分の感じたことや脳内を監視していると、24時間あっても足りないくらい。

1日使ってずっとずっと発信して、「今日はもう存分に発信できた!」と言う日はよだれだぁ~です♪

内容がハッピーであろうがダークであろうが関係なく「自分が思ったことを全部発信し切れたのか。」と言う時に、「今日は気持ちよかった~♪」と言う感じ。

 

でもめったにないです。凄い情報量が湧き出てきて追いつかないから。

ほぼ欲求不満ですね。

そこに、アクセスが集まろうが、イイねがあろうが、一番の体感としては「今日1日自分の発信したいことを全部出し切れたのか?」と言うところ。

八木さやちゃんですら、1ヶ月に1日あったらいい方。

 

人1人の情報量はすごいと思う。

この快感を知っている人はあんまりいない。ほぼいない。

 

[コメント] 連投しまくった人はスッキリ寝れる

でしょでしょ?

[コメント] 書きたいことが追い付かないことよくある! (45:50)

そうなんですよ。

そこいかに出し切るか。に集中したら、あんまり周りの事気にならなくなるけどね。

お金の流れがストーリーを産む (46:25)

(八木さやちゃんの捜し人)ケイコさん、お願いがあるんですけど、この前書いてくれた「お金の出入りは伝説や神話を作る~」と言う記事をもう一回タグ付けしてほしい。

リブログしようと思ってたら見つけられなくなっちゃった。

アイコン(顔)だけはわかるんだけど、名前もわからなくって遡れなくなった。

スゴイ良い記事だったなと思って。

ご本人も「これは力作」と書いていて、本当に力作だった。(こちら)

目の前にはお金は無くなってしまうのに、入っては出ていくお金を「帳簿」にメモしていく「記録」って「古事記」とか「日本書紀」とか「日本神話」「聖書」と同じレベルだな。と思った。

ただ記録していく。と言うことが。(自分が記録係)

お金(数字)の流れの背景が絶対ある。

 

私(八木さやちゃん)の話でも、スゴイ出た利益で島に貢献しようと物件や車をいっぱい買って移住者を受け入れるようにしよう!とそこに3億全額ついやしたわけですよ。(出た利益の95%くらい)

すごいインパクトだよね。

 

税金1億円納めて、壱岐市で推定No,1。

お金の数字って、プラスでもマイナスでもインパクトを与える。

1億円払う前まで、1億円無い。と言うストーリーができてたじゃん?

そこを誰が埋めるか?と言うストーリーにもお金が付いて来てるじゃん?

だから、これ、会社員だと絶対これはできない。(もろもろ)

自分で事業初始めて、目の前にお金なくていいの。0でもマイナスでもいい。

入って来ては出て行く。と言う流れ(循環)がストーリーを産む。

それが「聖書」「伝記」「伝説」になるんだな。と思いました。

すんごいところに気が付いたな。と思ってkeikoさん。

 

でも私(八木さやちゃん)、「自分ビジネス」スターターキットでも言ってるんですよ。

ただの税務の話ではないはずだったんですよ、あれ。(「自分ビジネス」スターターキット)

 

有竹さんが八木さやちゃんからもらう領収書を「あったかい」と言っていた。

やっぱり、お金(領収書は金券)に関する紙の裏には温度どか感情とかが張り巡らされているんだな。と思いました。

 

有竹税理士事務所に頼んでますけど、領収書があまりにも多いから「自分ビジネス」受講生の方が下請けとして作業している。

その方が、壱岐のセミナーに来てくれた時に知り合った。

納税期限3日前まで1億円なかったのを後追いで追跡していても、小説読んでるみたいでドキドキする。

税務や経理のプロでも、その当時の帳簿を付けているとドキドキする。

「どうなるの?どうなるの?」って。

(もう払い終わっている人が目の前にいるのに)

 

これって、keikoさんのタグづけしてくれた記事がまさに答え「伝説作ってる」。

「帳簿」をつけて、1人1人確定申告で打ち込んだり、手書きの人もいて。

あれって、その年のストーリーなんです。

アルバム見ているのと一緒。

 

なので、やっぱり開業してほしいと思います。

 

今日、つだゆきこさんの投稿をFacebookにシェアした時に、「開業届は大人の出生届です。」って書いたんです。

これはすごい名言だな。と思った。

心のこととか、自己啓発やスピリチュアルなことを学んだったら自分で仕事しないと意味がないよ。と思いました。

それ、何に生かすの?って

事業することが一番のメソッドであって、一番の勉強なんですよ。

それを事業しない。と言うのは生まれてない。のと一緒。

 

使うお金が経費になるとか、それが投資になって返ってくるとかは、会社員じゃ絶対わからない!

[コメント] 払い終えてるのがわかってるから、安心してドキドキするんだろうね (54:00)

それは、下請けだからだと思います。

有竹夫妻はもう一緒にドキドキしてくれますから。

「どうすんの?どうすんの?」って。

有竹さんの旦那さんがいっつも面白い。

誰も私(八木さやちゃん)に何も言わない。私ですらわかなんないから。(笑)

 

お金は温かいものですよ。

コロナについて (54:55)

今、壱岐島の中でもコロナの感染者5人目が出てしまった。

感染する理由がマスクがあんまり意味がない。(Facebookで見かけた)

そこらへんに菌がいると思ってください。諦めた方が良い。

手で顔を触って、目とか鼻とか入るんですって。

人が1日で顔を触る回数って100回は超えてる。そこから感染する。

だから、手は汚い。と思った方が良い。

マスクより手袋の方が必要かと思います。

 

美容のお話 (56:30)

この流れで美容のお話。

もし、今中学生とか思春期のお子さんがいるお母さんがいたら聞いて欲しいんですけど、顔にめっちゃニキビできる思春期の子っているじゃん?

あれは、アクネ菌の退治とか何しても無駄です。

なぜなら、手の菌が顔についているから。

 

[コメント] さやちゃん今日メイク変えた?

って、今日すっぴんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です